BLOG
2020.05.31 更新

大人気のリゾート地プーケットと穴場のカマラビーチの旅レポートです!

大人気のリゾート地プーケットと穴場のカマラビーチの旅レポートです!

こんにちは!

長谷川たくまです。

 

 

今回は、

ピピ島へいく前に滞在していたプーケットの旅レポートです!

(2019年の旅行レポートです)

 

 

 

新型コロナウイルスが出現してから
いま改めて旅行のことを振り返っていると、
この頃は何もかもが今とは違っていたなあ…と実感しますね。

 


▼動画で見たい方はこちらから▼

 

 

 

 

さて、日本からバンコクで乗り継いで7時間半のプーケット。

僕たちが泊まったパトンは、

プーケット国際空港から少し離れているので車で向かいます。

 

 

移動手段は3つあります。

ひとりあたりの乗車料金で比較してみると、

  • タクシー(1人180バーツ)
  • ミニバス(1人180バーツ)
  • グラブ(10人で950 バーツ)

 

フラブとはタイのウーバーですね。

こちらが一番安かったので決定(^^)/






動画を見ていただくとわかるんですけど・・・

わざとギューギューに詰めてウキウキ乗りこんでいますが、

新型コロナウイルスによって今はもうできないと思うと懐かしい感情が湧いてきます。








さて、プーケットのリゾート地でありながら、
ちょっとした穴場カマラビーチへ向かいます!
パトンからは、タイではおなじみの乗り合いタクシー
トゥクトゥクに乗っていきます。



page3image376

トゥクトゥクって便利だし人数が多いほどお得になるんですが、

最初はふっかけてくるのでご注意を。(笑)Σ(・・)!

利用するときは必ず交渉した方がいいです。

けっこうあっさり安くなることもあります。

 

 

 

page4image376

テンションかなり高め↑↑↑

(最初に言ってきた金額も高め、笑)のドライバー







このとき僕たちはパトンで街ブラ観光もしましたので、 その様子はぜひ動画でご覧くださいね!






page5image376

カマラビーチの入り口です。

タイ語は・・・もちろん読めません(笑) 雰囲気だけでも。

 

 

 

 

page6image376

海の波が高くてサーフィン向きともいわれているカマラビーチ。

印象的にはプーケットのリゾート地といった感じですね。

きれいなホテルや、インターコンチネンタルなどの有名なホテルも多いです。

 

 

 

 

page7image376

西洋系の人もたくさん滞在していて、

アジア系の人が少ないかな…という印象を受けました。

 

 

 

 

ビーチのスパは有料のプールも併設されていて、とにかく優雅!

ゆっくり過ごしたいときはカマラビーチのホテルがいいと思います。

ところでカマラビーチってけっこう波が強くて、サーフィン向きとも言われているんですね。

僕たちが行った日は特に天気がよくて、波も大きくてまさにサーフィン日和でした!





page8image376

 

 

サーフィンは初挑戦だったんですけど、

もう全ッ然意味がわからないくらい、波に乗れないです。。

なので、結構早い段階でひとやすみです(笑)

page9image376

トロピカルジュース!!

 

 

 

page10image376

なんか異様に太いクッキーっぽいものが刺さってますよね。

コレ、なんと竹でした。

 

 

 

 

竹のストローっ!
page11image376

ドヤ顔ですね(笑)

 

 

 

 

 

page12image376
とにかく砂浜が広くて大きくて、きれいです!!!





page13image256
 
 
カマラビーチはどこを切り取っても絵画になりそうな波と空が広がっていました。

 

 

page14image376
一日中、たっっぷり海と波とビーチを堪能できます。





page15image376






page16image376

日が落ちる砂浜

 

 

 

 

 

page17image256
黄昏の中、2 回目の乾杯!
 
 
 
 
 
 
 
 
page18image376

夜の海は、波間に映る月の光と、夜景がきれいでした。

 

 

 

 

 

 

page19image376

真っ暗になるまでビーチにいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

さて、パトンに戻ったあとの街ブラ観光の様子も少しだけお伝えしますね。

メインのバングラ通りを歩いたのですが、繁華街のせいか昼と夜で随分様変わりします。

夜は歩行者天国になり、ものすごい盛り上がりで、 呼び込みも半端ない感じでした。

 

 

 

 

 

そんなパトンでの夕食に、

僕たちが選んだのは トリップアドバイザー3211 件中14 位の

マヤレストラン

page20image376
 
 
 
 
 
 
 
page21image264page21image432
 
 
 
 
 
 
page22image376

どの料理もおいしいです。

大皿に盛りつけられているものを、シェアして食べました!

これで料金は 1 時間で 500 バーツ(1700〜1800円)ほどです。日本よりかなり安いですよね。
 
 
 
 
 
 

ところで「三密」って世界中でいわれてるんでしょうか。

マッサージはこの状況ではなかなか厳しそうなイメージですが・・・

お世話になったタイの皆さんも元気でいてほしいです。






一日でも早く平穏な日々が戻るといいですね。

今回も、見ていただきありがとうございました!
CATEGORY